愛用コスメの美肌力を最大限に引き出すブースター・導入美容液ガイド

HOME » 浸透力UP!ブースターコスメ初めてナビ » そもそもブースター・導入美容液とは

そもそもブースター・導入美容液とは

コスメブロガーや美魔女がこぞって使用している話題のブースター美容液、一体どんなものなのでしょう。

浸透しやすい肌をつくる、最強美容液

ブースター美容液とは、固くなった角質層の奥の奥まで浸透し、肌をやわらかく甦らせる効果がある美容液のこと。そのしくみはアイテムによって多少違いがありますが、わたしが愛用しているブースター美容液は、肌のpHをコントロールすることで肌をやわらかくしているそうです。

肌は普段、pHが5〜6の弱酸性ですが、ブースター美容液をつけると一時的にアルカリ性に変化します。アルカリ性に傾いた肌は、肌質を中和するために代謝を活性化させて酸性物質を分泌、これが肌にとって保湿成分となり、同時に基礎化粧品の吸収・浸透をよくするのです。

一般的な美容液との違い

少し難しいお話になってしまいましたが、肌みずからが潤いのバリアをはってくれるなんて、ありがたいですよね。このように、ブースター美容液は肌をやわらかくして、浸透力を高める効果があるのです。

一方、一般的に言われる「美容液」は、スペシャルケアの趣が強いものです。美白成分や保湿成分などが濃縮されており、化粧水→美容液→乳液という具合に肌にプラスします。ブースター美容液とは、目的も使い方も異なるものです。

正しい使い方

ブースター美容液の「ブースター」とは、英語のboostから来ているもので、「押し上げる」「高める」などの意味があります。その名の通り、ブースター美容液を使うと、その後の基礎化粧品の効果がうんとアップするのです。

使用方法はいたって簡単。洗顔後の肌につけるだけです。そうすることで肌が奥までやわらかくなり、その後の基礎化粧品がぐんぐん入り込むんですね。どんなに高価な化粧品を使っていても、肌が固く閉ざしていては効果は半減。私にとってブースター美容液は、何よりも大切な必須アイテムとなっています。

さらに。ブースター美容液は、あくまで肌の浸透力をよくするものなので、今まで使っていた化粧品にプラスするだけでOK!シリーズを揃えて、化粧品を総入れ替え…なんて必要がないのも、嬉しいポイントです。

 
ブースター・導入美容液を大特集